海角七號-03-奇幻的舞朵 LYRICS

3.奇幻的舞朵

[00:01.00]海角七號 - 奇幻的舞朵
[00:08.00]口白:蔭山征彥
[00:15.00]
[00:19.08]三日目。
[00:21.67]どうして君のことを思わないでいられよう。
[00:26.40]君は南国の眩しい太陽の下で育った学生。
[00:31.82]僕は雪の舞う北から海を渡ってきた教師。
[00:38.11]僕らはこんなにも違うのに、
[00:40.96]何故こうも惹かれあうのか?
[00:44.18]あの眩しい太陽が懐かしい。
[00:47.84]暑い風が懐かしい。
[00:52.22]まだ覚えているよ。
[00:55.21]君が赤蟻に腹を立てる様子。
[00:59.29]笑っちゃいけないって分かってた。
[01:02.25]でも、赤蟻を踏む様子がとても綺麗で、
[01:06.66]不思議なステップを踏みながら、
[01:09.31]踊っているようで、
[01:12.69]怒った身振り、激しく軽やかな笑い声。
[01:18.75]友子。
[01:20.27]その時、僕は恋に落ちたんだ。
[01:24.72]