「海角七號」愛戀情書音樂專輯 06 彩虹 LYRICS

<彩虹>

友子。
無事に上陸したよ。
七日間の航海で、戦後の荒廃した土地にようやく立てたというのに、
海が懐かしいんだ。
海はどうして、希望と絶望の両端にあるんだ?
これが最後の手紙だ。
後で出しに行くよ。
海に拒まれた僕たちの愛。
でも、思うだけなら許されるだろう。
友子、僕の思いを受け取っておくれ。
そうすれば、少しは僕を許すことができるだろう。
君は一生僕の心の中に居るよ。
結婚して子供ができても、
人生の重要な分岐點に來る度、君の姿が浮かび上がる。
重い荷物を持って家出した君、
行き交う人混みの中に、ぽっつんと佇む君。
お金を貯めてやっと買った白のメリヤス帽をかぶって來たのは、人混みの中で
君の存在を知らしめる為だったのかい?
見えたよ。
僕には見えたよ。
君は、靜かに立っていた。

七月の激しい太陽のように、それ以上直視する事は出來なかった。
君はそんなにも靜かに立っていた。
冷靜に努めた心が一瞬熱くなった。
だけど、心の痛みを隠し、心の聲を飲み込んだ。
僕は、知っている。
思慕という低俗の言葉が、太陽の下の影のように、
追えば逃げ、逃げれば追われ、一生・・・。


あ、虹だ。

虹の両端が海を越え、僕と君を、結びつけてくれますように。



<譯文>

友子,我已經平安著陸
七天的航行
我終於踩上我戰後殘破的土地
可是我卻開始思念海洋
這海洋為何總是站在
希望和滅絕的兩個極端
這是我的最後一封信
待會我就會把信寄出去
這容不下愛情的海洋
至少還容得下相思吧!
友子,我的相思你一定要收到
這樣你才會原諒我一點點
我想我會把你放在我心裡一輩子
就算娶妻、生子
在人生重要的轉折點上
一定會浮現...
你提著笨重的行李逃家
在遣返的人潮中,你孤單地站著
你戴著那頂...
存了好久的錢才買來的白色針織帽
是為了讓我能在人群中發現你吧!
我看見了...我看見了...
你安靜不動地站著
你像七月的烈日
讓我不敢再多看你一眼
你站得如此安靜
我刻意冰涼的心,卻又頓時燃起
我傷心,又不敢讓遺憾流露
我心裡嘀咕,嘴巴卻一聲不吭
我知道,思念這庸俗的字眼
將如陽光下的黑影
我逃他追...我追他逃...
一輩子

啊,彩虹!
但願這彩虹的兩端
足以跨過海洋,連結我和妳