LILLY ME 風をあつめて LYRICS

作詞:松本隆/作曲:細野晴臣


  街(まち)のはずれの
背(せ)のびした路(みち)次(つぎ)を 散歩(さんぽ)してたら
汚点(おてん)だらけの 靄(もや)ごしに
起(お)きぬけの路面電車(ろめんでんしゃ)が
海(うみ)を渡(わた)るのが 見(み)えたんです
   それで ぼくも
  風(かぜ)をあつめて 風(かぜ)をあつめて
   蒼空(そうくう)を翔(か)けたいんです
   蒼空(そうくう)を

  とても素敵(すてき)な
昧(まい)爽(そう)どきを 通(とお)り抜(ぬ)けてたら
伽藍(がらん)とした 防波堤(ぼうはてい)ごしに
緋色(ひいろ)の帆(ほ)を 掲(かか)げた都市(とし)が
碇(いかり)泊(はく)してるのが 見(み)えたんです
   それで ぼくも
  風(かぜ)をあつめて 風(かぜ)をあつめて
   蒼空(そうくう)を翔(か)けたいんです
   蒼空(そうくう)を
    
  人気(にんき)のない
朝(あさ)の珈琲(こーひー)屋(や)で 暇(ひま)をつぶしてたら
ひび割(わ)れた 玻璃(はり)ごしに
摩天楼(まてんろう)の衣(ころも)擦(す)れが
舗道(ほどう)をひたすのを 見(み)たんです
   それで ぼくも
  風(かぜ)をあつめて 風(かぜ)をあつめて
   蒼空(そうくう)を翔(か)けたいんです
   蒼空(そうくう)を