ITOU KANAKO 伝承の詩 -VERUM- LYRICS

作詞:江幡 育子
作曲/編曲:大山 曜
歌:いとうかなこ


Dicam rem gravem, nunc: veritas est celata
それでは大切なことを 君に伝えよう 真実は隠されている
sed tempus eam possit perdere et violare.
が、時の流れに決して揺るがず 在り続けるのだ

In calamitate, morte, fama, in maledictio, erat ibi hic.
災害、死、噂、呪いの渦中に 彼は佇んでいた
In misericorde, bello, tenebris, ut ipsus malus stabat hic.
非情、争い、闇、その中で 禍々しさの象徴として彼は立っていた
In blasphemia, impietate, in terribli forma est hic.
冒涜、邪悪の中、恐ろしい姿で 彼はそこにいた
In clamore, vanitate: Estne vera forma, non vera? Non vera?
叫び、空虚の中 真実の姿なのか?真実ではないのか?真実では・・・ない?

Oculos tuos aperite occulusos, ecce!
ごらん! 閉じた瞼 あけて
Rubem florem in canam terram tulit.
灰色の世界に、彼は赤い花をもたらした
Spes, ea spes, sola.
希望・・・それは唯一の希望

Memoriam antiquam et veritatem te donam.
遠い記憶 そして 真理を君に贈ろう
Veritas invisibilis est, sed manet, manet in perpetua.
真実は見えない しかし失われず 永遠に留まるのだ

Diem pacis, risum, placidem...Vitam, fructum, felicem...
平和な日々、笑い、穏やかさ・・・人生、実り、幸福・・・
Bonitatem, ordinem...Consensum, aequum, lucem...
充足、秩序・・・心の一致、正しきこと、光・・・
Omnis eos petut, ergo hujus dolebat vulnus.
彼の傷は痛んでいた 静かに、しかし確実に
Quiete, sed certe. Vultne amorem, vel non vult? Vel non vult? O!
彼は愛を求めていたか?あるいは求めていなかったか?・・・求めていなかった?

Trans finem temporis, cor mei, vola.
届け 僕の想い 悠久を超えて
In terram hic donat spiritum, solus ego solus ego id scio.
彼は大地に息吹を贈る 僕だけが 僕だけがそれを知っている

In maledictio, erat ibi hic. Ut ipsus malus stabat hic.
呪いの渦中に、彼は佇んでいた 禍々しい象徴として 彼は立っていた
In terribli forma est hic. Estne vera, non vera?
恐ろしい姿で、彼はそこにいた 真実なのか?真実ではないのか?
Vultne amorem, vel non vult? Quisne id scit?
彼は愛を求めていたか?あるいは求めていなかったか?誰が知っているというのか?

Oculos tuos aperite occulusos, ecce!
ごらん! 閉じた瞼 あけて
Rubem florem in canam terram tulit. Spes, ea spes...
灰色の世界に、彼は赤い花をもたらした 希望・・・それは希望
Trans finem temporis, cor mei, vola.
届け 僕らの想い 悠久を越えて
In terram hic donat spiritum, solus ego solus ego id scio.
彼は大地に息吹を贈る 僕だけが 僕だけがそれを知っている